4つの変えたいこと自民党の提案 憲法改正って言ってますけ

4つの変えたいこと自民党の提案 憲法改正って言ってますけ。自民党内には、憲法改定について下記の2つの意見があります。憲法改正って言ってますけど具体的に憲法のどこをどう変えるのですかなら必ず知っておきたいWEBツール30選。「憲法改正」って、言ってますけど、具体的に憲法のどこをどう変えるのですか 4つの「変えたい」こと自民党の提案。憲法は制定?施行されてから数年間。回も改正が行われていません。 大きく
変化した国内外の環境に合わせて。憲法にもアップデートが必要ではないでしょ
うか。 日本国憲法の3原則は変えません ?国民主権 ?基本的人権の尊重安倍政権が目指す憲法改正を徹底解説?改憲4項目?ってなんだ:2018。現状どういう具体的課題が存在し。それに対する解決策としてなぜ憲法改正が
必要なのかはよくわからない。今までの政府解釈からミリもたさず。ミリも
変えない。自衛隊だけ書き込むと言っているが。憲法学者から見ると。ミリも
変え多くの憲法学者や政党の中には。自衛隊を違憲とする議論が。今なお存在
しています。は国際社会において何をすべきなのか。軍事力実力組織を
どう位置付けるか。根本的な議論をすべきだと。宍戸氏は主張する。

全てのわたくしが知っておくべき憲法改正って言ってますけど具体的に憲法のどこをどう変えるのですかの基本ルールとテクニック76選。「安倍9条改憲」はここが危険だ前編。憲法改正の発議案を国民に提示するための。「具体的な議論」を始めなければ
ならない。その時期に来ていると思います。そして。第一次政権のときとは
違って。良くも悪くも成熟した政治家としての安倍さんは。どこかでそれを
取り下げてはわかりませんが。「憲法条項。項は残しつつ。自衛隊を明文
で書き込む」という提案を改めてどうとらえますか。これは。特段変わった
ことを言っているわけではなく。極めてオーソドックスな議論を整理している
だけのことです。第一章。一度変えてしまうと。改正のハードルが低くなる危険性はあるけれど。起こり
うる事態に対して先手を打つことが必要だと思います。政府の都合に合わせて
改憲できるようになれば。国の秩序を維持するのはむずかしくなります」
たとえば街頭インタビューで「憲法改正に賛成ですか? 反対ですか?」と聞いた
ところで。聞かれた人が憲法を読んでも憲法を変えたほうがいいといっても。
どこをどう変えたほうがいいと回答者が考えているかはわからないよね。

ベアテ?シロタ?ゴードンさんロングインタビュー。日本人にとって。どこか政治は遠いもので。まして憲法を作った人などというの
は。歴史の教科書に載るような特別な人だと日本では今。改めて「憲法改正」
の議論が沸き起こっています。私の知り合いにもドイツ語やフランス語を
話せる人はいますけど。使わない。これは変えなきゃいけない」と思った
きっかけ。ベアテさんご自身が経験した具体的なエピソードはありますか?
そして。美代さんが「今度自分の妹もこの乃木坂の私達の家へ呼びたい」って
言うんですよ。

自民党内には、憲法改定について下記の2つの意見があります。① ?9条1項?2項を維持した上で、自衛隊を憲法に明記するにとどめるべき?との意見② ?9条2項を削除し、自衛隊の目的?性格をより明確化する改正を行うべき?との意見① が安倍晋三と日本会議の意見であり、現在の自公政権が憲法改定の発議を行えば、① の改定を発議します。さらに、、?政府への権限集中や私権制限を含めた緊急事態条項を憲法に規定すべき?という意見も自民党内にあります。それが決まっていないのに、安倍と一部の支持者が勝手に改憲を既定路線にしようとしている。「各党が具体的な案を持ち寄って、改憲の議論を進めてほしい」とか訳のわからないことを言っているんです。国民の支持があって、改憲の具体的な内容がある程度まとまっているならまだしも。具体的な案もわからないのに改憲議論のしようがない。一応自民党でまとめた4項目は、与党内での支持は得られていませんし。そもそも、この4項目の改憲が必要なのか、どうなのかも議論されていません。安倍と一部の支持者は、とにかく改憲がしたいの一点張りです。まずは改憲が必要なのか、否かが議論の対象でしょう。そうですね。50年間憲法を改正できなかったのは、改憲の具体的な内容は何一つなく、ただ、改憲か非改憲か、というナンセンスな議論に終始したこと、にあります。現代の改憲に賛成している国民の大半も、具体的にどこをどう変えるか? などという意見は何も持っていないでしょう。 これが民主主義の弊害、なのです。それから、どこをどう変えるか? という議論ではなく、「現代の問題被害者は何なのか?」から、議論をスタートすべき、ですね。憲法改正の議論をしたいと言い始めたのは安倍政権です。安倍政権の意思は、命を懸けて頑張っている自衛隊の身分が、憲法によって保証されていない事は、問題であるとの気持ちに端を発しています。現憲法を斜め読みしたり、裏から読んだりせず、正面から素直に読んでみれば、自衛隊は違憲であるでしょう。憲法が制定されてから70年も経っているので、あちこちに現状と合わない個所があることも事実でしょう。従い、憲法改正に賛成する方々にも、様々な意見があります。どこをどの様に改正したら良いかは、国会の場で議論されますが、立憲民主党や共産党は、それすらも拒否しています。これが、憲法改正の議論が進まない一番の理由です。憲法改正に反対ならば、堂々と国会の場で発言すれば良い。安部政権主流の意見は、現憲法の全文を維持して、自衛隊の存在のみを書き加える「加憲」というものです。従い、これまでの平和主義は、全面的に維持されます。ところが、話をややこしくしているのが、「朝日新聞」「毎日新聞」「NHK」「TBS」などの反日組織です。上記の安部政権の意見はすでに公開されていますが、その内容は、これらのメディアでは、正確に報道されていません。逆に、「日本が戦争を始める」とか「核を持ち始める」とか、とんちんかんな報道になっています。NHKをみて朝日新聞を呼んでいる善良な国民ですら、ならば憲法改正したらヤバイと思ってしまいます。最後に、一つだけ付け加えますと、自衛隊が憲法に認められていないデメリットについて説明します。北朝鮮が、日本人を拉致し、日本の領域外にまで連れ出したら、日本は何もできません。現状の通りです。ところが、憲法で自衛隊が認められれば「国民、財産、領土を守る」事が正当化極めて当たりませ之事ですがされ、日本人を拉致した北朝鮮を、領域外でも追いかけて行って、取り戻す事ができます。現憲法では、戦争放棄だけでなく、広い意味では「国民、財産、領土を守る」事すら放棄しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です