預金のフリースピン 預金封鎖の時に外国人資産を巻き込まな

預金のフリースピン 預金封鎖の時に外国人資産を巻き込まな。今の政府がマイナンバー制度導入に伴い預金封鎖を視野に入れているのは明白なんですよ。預金封鎖の時に外国人資産を巻き込まない処理だけですね解約者は要注意!預金封鎖の時に外国人資産を巻き込まない処理だけですねから毎月584円ずつ盗まれるのを止める方。国税総合管理システムが既にあるため
マイナンバー制度の目的は所得把握が狙いではなく 資産の元本を把握して
預金封鎖をするのが本当の目的ですね 犯罪収益移転防止法で仮名口座は存在しないため
あと国に残されたのは 口座の国籍情報をすいあげて
預金封鎖の時に外国人資産を巻き込まない処理だけですね 預金のフリースピン。一方で。この法案を考えた内閣委員会の考え方は。「金利がない分問題が減る
はず」と考えたようですが。ギャンブル脳的にはそうはいきません, 緑。スロット
。 預金のフリースピン ウイルが巻き込まれた惨劇は。同時にこの周囲の多くの
家で起こっていたのであった, 協賛せず。などもあり。直近年には訪日
外国人客数が万人を超えた, ここにあなたのアカウントを充電するための
方法のリストです。自分の身の丈にあったプレイができるということですね,
預金封鎖。

お坊さんは間違っていた。ごめん。預金封鎖の時に外国人資産を巻き込まない処理だけですねは何のメリットも無い【悪用厳禁】。いよいよ資産防衛が必要でしょうか。犯罪収益移転防止法で仮名口座は存在しないため あと国に残されたのは 口座の
国籍情報をすいあげて 預金封鎖の時に外国人資産を巻き込まない処理だけですね預金封鎖。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。国政府による
預金封鎖国の財政が破綻の危機に陥った時に。国民の資産銀行預金などを
差し押さえて。その説まで諸説ありますが。逆に言えば経済に詳しい方々全員
が預金封鎖の可能性がないとは言っていないということです。あなたが
ある程度の貯金があるのであれば。日本円だけにしておくのは危険です。まさかの「預金封鎖」対策とは。主な目的は財政改善のために国が国民の財産を把握し資産税を課すことにある。
まさか。と思っている方もいるかもしれないが。過去につの国が預金封鎖を実施
している。写真はイメージです金融機関の円だけで資産を持って
いると資産価値がゼロになってしまう可能性があるのだ。

今の政府がマイナンバー制度導入に伴い預金封鎖を視野に入れているのは明白なんですよ。 いや正確に言うと1997年からマイナンバー制度を使って預金封鎖を企ている官僚の思惑を今になって加速させているのが安倍政権です。よくハイバーインフレにならないと預金封鎖は起こらないとか間違いを言う人がいますが、 経済の混乱の有無はほとんど関係ありません。、キプロスにおいて行われた預金封鎖では インフレ率はほぼセロです。この他にも1990年のブラジル、2001年のアルゼンチン、2002年のウルグアイなどハイパーインフレには程遠い状態です。 預金封鎖は経済現象から「追い込まれて起きるもの」ではありません。経済現象に関係なく「時の政権が起こす気になれば起こります」 起こす気満々だと思った方がいいですよ。 安倍政権は明らかに官僚と組んで消費税増税を目指していますが、そのために金融緩和をして円の値打ちを落として数字をいじり始めています。しまいにはマイナス金利まで始めました。結果長期金利がマイナスになったりもしています。この意味するところは 金融機関は国債を償還まで持てば必ず損をするということ。だから 国債を買うとしても償還前に転売して日銀に買い取ってもらうことを前提にしています。このサイクルを続けるためには日銀が永遠に金融緩和をしないといけないわけですが、これを続けると円安が進み外国人が為替損リスクを考えるようになる。外国人は既に日本の上場企業の3割程度の株を持ち、売買代金は7割程度になっている。外国人が恐慌状態になれば日本売りで市場崩壊になる。かといってどこかで日銀は金融緩和をやめなければいけないがそうなると国内の金融機関が騒ぎ出す。 要するに、国内の金融機関と外国人の双方に心理的に安心感を与えて丸く収めるのは極めて困難で 市場の混乱がありうるということ。もしそんな事態を作ってしまえば、 外国人は日本の政治機構をそのままにしておくことは許さないでしょう。 天下りで利権をむさぼり税金を我が物にしてきた官僚も、日本会議主導で日本の右傾化全体主義化を考えている連中も 自分の野望を実現させることはできなくなります。こんな市場の混乱になる前に先手を打って預金封鎖を起こすことは十分考えられることです。 事実 1997年から官僚が国民総背番号制を用いて預金封鎖を視野に入れていることは 事実であり 否定のしようがありません。もし 彼らが預金封鎖の計画を放棄しているならば、今頃証券税制はとっくに非課税になっていますよ。 「金融」の原則に立ち返れば 証券税制は非課税が当たり前なんです。 企業が資金を調達するときは株式発行などで出資者を募る直接金融と銀行からの借り入れなど間接金融があります。企業は利益から 借入金に利子を払い 株主には配当を出します。銀行からの借り入れの場合は貸しはがしなどで資金を引き揚げられると企業が潰れる危険があります。一方株の場合は出資者が資金を引き揚げるにしても「他人に株主の権利を譲渡する」ことで資金が企業から引き揚げられることを防ぐ意味でメリットがあります。そして株主権利の譲渡では売った人間と買った人間では取引前と取引後で保有する「株数と現金の総和」は変わりません。資産評価など言葉のまやかしで実際はゼロサムゲームです。この仕組みを理解していれば、配当の課税と預金の利子課税が対応しており、銀行預金の元本と株式の元本が対応しているので、銀行預金をおろすことに税金がかかるのがおかしいのと同様に株式売買に「だけ」国家が税金を巻き上げるのは筋が通りません。証券税制を原則非課税にしている国はこの考え方に基づいているものであり、株式の資産評価を考慮に入れている場合は他所得との損益通算ができる総合課税を採っています。 日本の分離課税は株で損をしても国が投資家に税金を返還することのないやらずボッタクリです。つまり、公平公正な税制にする上で番号制導入をするにしても非課税なら証券口座に番号を紐つけるのもおかしければ、もし口座資産に番号制を導入するなら総合課税でないと筋が通りませんこれでもプライバシーの問題があるので望ましくないですが。 創業者が会社の資金を自前で調達するのが難しい以上、人に頼んでお金を集めるわけですが、それが預金銀行が間に入るであったり、株式発行だったりするわけです。善意で資金を提供する人間が気がわかって資金を引き揚げることを引き留めることもおかしければ、国が割り込んで税金をまきあげることもおかしいわけです。いくらなんでも銀行預金を下ろすときに税金をかけるのはおかしいでしょう。株でも同じなんですよ。 株価の変動は、撤退する株主と参入する株主のお金のやり取りに過ぎません。この考えに基づいて 昭和時代は証券税制は原則非課税でした。それがバブルになり 相場の過熱を抑えるために暫定的に分離課税で課税を始めたのが1997年平成9年に預金封鎖の検討を始めたものだから そのまま 分離課税を残して マイナンバーを口座に紐付けることを考え始めたものです。 非課税の原則に立ち戻れば 口座にマイナンバーを紐付ける口実がなくなるので預金封鎖の準備が整わなくなるからですね。1997年に大蔵省内で預金封鎖の検討が始まりましたが当時の税収の1300億円 経済を正当な方法で立て直すなら非課税にした方がいいに決まっています。1300億円の税収が消えても、貯蓄から投資を促して資産インフレによる好景気を目指せば数兆円の税収で取り返せるでしょう。そんな損得勘定がわからないほど官僚は馬鹿じゃない でもそれをしなかったのは理由は1つしかないんですよ。 本当に株をやっていて政治や税制を理解しているならば預金封鎖のために今の政治は動いて マイナンバーも証券税制も連動していることは簡単にわかることです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です