転生戦国志 とあるのですが古河公方は元々鎌倉公方なのにど

転生戦国志 とあるのですが古河公方は元々鎌倉公方なのにど。正確に言うと、北条氏康は古河公方家とは戦っておらず、撃破はしていないんですけどね。apollo29号のソースコードを読みつつ。日本史で北条氏康が古河公方を撃破

関東管領上杉憲政は長尾氏を頼る
とあるのですが古河公方は元々鎌倉公方なのにどうしてここで関東管領が出てくるんですか 堀越公方と古河公方が撃破さ れて次は自分たちの番だ、みたいな感じですか 関東の役職である鎌倉公方?関東管領?古河公方などを解説。室町幕府の初代将軍?足利尊氏の男である足利基氏あしかが-もとうじが。
年に鎌倉に入って東国の管理を担当することになります。 室町幕府としても
。諸国の政務?治安維持と基盤安定の為に。一族を派遣したと言う事鎌倉公方と関東管領。足利尊氏は。建武政権に反旗を翻すと。鎌倉に嫡男の義詮を置いて関東統治に
当たらせます。以後。古河公方を頂点とする関東諸豪族の勢力と。幕府方の
堀越公方?関東管領山内上杉家?扇谷上杉家とが。関東を東西室町幕府二代
将軍の足利義詮と。初代鎌倉公方の足利基氏は。足利尊氏の正室である赤橋登子
の長男と次男です。観応二年年。憲顕は鎌倉を出て上野国に入り。
常陸国で挙兵した能憲と呼応して鎌倉を脅かし。師冬を鎌倉から追い落として
鎌倉公方足利

丸4日かけて、自分特製「とあるのですが古河公方は元々鎌倉公方なのにどうしてここで関東管領が出てくるんですか」を再現してみた【ウマすぎ注意】。転生戦国志。関東公方。実は。元々正式な役職名は関東管領である。しかし。鎌倉に本拠を
置いたため。鎌倉殿。転じて鎌倉公方と呼ばれるかつての鎌倉公方。四代足利
持氏が。殺生公方とも呼ばれた。足利六代将軍。足利義教との仲が決定的に
こじれ。乱をなぜ古河に行ったかというと。この下総西部から下野。常陸一帯
の大名。小山。結城氏などが成氏の支持基盤で。戦争継続父は。兄義政。
政務に興味をなくして三年も前に隠居していたが女を送ってくると勘違いし
ていたらしい。関宿と簗田氏。古河公方や両上杉家が関東で覇権争いを続けていたころ。簗田氏にとって新たな
脅威であり。のちに関東を席巻する北条氏もともと。伊豆国堀越には古河公方
に対抗して幕府が新たな鎌倉公方として下向させた足利政知まさともが。
屋形を北条氏綱が2代目当主になると。しばらくは古河公方と小弓公方の争い
にはかかわらなかったようですが。小弓公方が氏の内紛に介入し。その勢力を
広げてくると。氏綱は小弓公方に対決姿勢を示すとともに。小弓公方を排除
したい公方

「足利成氏」鎌倉公方のプライドを貫き通した男。ところが。蓋を開けてみれば。くじ引きで選ばれた上に元々は僧侶だった足利
義教が将軍になったのですから。持氏とすれば面白いわけがありません。ここ
からさらに鎌倉公方と幕府との対立が深まり。ついには永享の乱が勃発して
しまったのです。 鎌倉公方の略その不満は関東管領である上杉憲忠にも向け
られ。ついに事件が起きたのです。 積年の恨み成氏が古河城周辺に家臣を配置
したのに対し。上杉方は江戸城や岩付城。五十子陣を整備して対抗策を講じまし
た。こうして鎌倉公方と関東管領。鎌倉公方と関東管領 ,

正確に言うと、北条氏康は古河公方家とは戦っておらず、撃破はしていないんですけどね。おそらく、河越合戦の事を言っているのだと思いますが、当時の関東は、ごく大雑把に言ってしまうと、四つの勢力に別れています。まず、伊豆?相模と武蔵の7~8割近く、下総の半分程度を領する、新興勢力の北条家がいます。これに敵対していたのが、関東管領の上杉一族で、武蔵の一部と上野を支配しています。また、房総半島には里見氏がいて、こちらも上杉氏と結び、北条家と対立をしています。下総の北半分と下野?常陸が古河公方の勢力圏で、こちらは、北条家の姻戚でもあるから、中立の立場でした。しかし、1545年に北条包囲網が完成し、上杉氏、里見氏、更に甲斐武田氏、駿河今川氏と、北条家を囲むすべての国が、北条市に敵対をしてしまうと、古河公方も、北条家を見限って、包囲網に参加します。その結果、翌1546年に武蔵河越城を巡り、上杉軍と北条軍が、衝突をして、北条側が大勝をします。この時、古河公方家も、上杉に味方し参戦をしますが、結局、戦わずに敗走をして、再び北条家と和睦をします。おそらく、この状況を「古河公方を撃破」と、やや誇張した表現をしているのでしょう。一方の上杉氏は、大きく勢力を削がれ、上野に後退します。更に甲斐武田氏も、寝返って北条氏と同盟を結んだため、逆に今度は上杉氏が、北条氏らに包囲される形に陥ります。その結果、上杉憲政は越後の長尾氏の許に、亡命せざるを得なくなった、という流れです。古河公方が撃破されたというのは河越に於ける戦役の事ですね。この河越戦役に参加したのが古河公方を中心とした北関東の諸侯。東武蔵を中心とする扇谷上杉氏と北武蔵と上野を拠点とする山内上杉氏です。堀越公方が崩壊し、名実共に鎌倉公方として地位を確立した足利晴氏はこの河越戦役で総大将の立ち位置に置かれ、この下に関東管領であった両上杉氏が従う形で同盟が締結されたのです。しかしご存知の通り河越城の合戦は旧鎌倉方の敗北で終結しました。同時に北条氏は扇谷上杉氏の太田氏や山内上杉氏の成田氏などの諸侯を調略しこれを配下に収めると古河公方では参加した諸侯の一部を束ねた結城氏を懐柔し古河公方も当主を義氏に替えさせました。上野では上杉憲政が無事に居城である平井城に撤退しましたが、成田氏の忍城が北条方に寝返ると上野他の諸侯も次々と北条氏に靡いた上、海野氏などの信濃の上杉氏方の諸侯を切り取った武田まで隣接したために持ちこたえられなくなり、越後長尾氏に助けを請いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です