質問数学:全ての実数aに対して a=2としたときすべての

質問数学:全ての実数aに対して a=2としたときすべての。不可能です。a=2としたときすべての実数xに対してfx>=2x+bが成り立つような実数bの取りうる値の範囲をで88%オフの商品だけを見つける方法。2016神戸大学数学文系の問題で質問があります
aを正の定数とし、f(x)= x^2+2ax+a とおく
a=2としたとき、すべての実数xに対してf(x)>=2x+bが成り立つような実数bの取りうる値の範囲を 求めよ
以下の写真のような解法で解いたのですが、答えが異なってしまいました
回答解説はf(x)の接線を求めるなどして解いています
私の解法では解ききることは不可能でしょうか
なお、答えはb<=4 2√2です a=2としたときすべての実数xに対してfxgt;=2x+bが成り立つような実数bの取りうる値の範囲をの画像をすべて見る。高校数学Ⅰすべての実数に対して成り立つ2次不等式絶対。定期試験?大学入試に特化した解説。図形的にとらえるとどのような条件が必要
かがすぐにわかる。結局。判別式の利用に帰着する。

a=2としたときすべての実数xに対してfx>=2x+bが成り立つような実数bの取りうる値の範囲をで51%オフの商品だけを見つける方法【まとめ】。x。実数, + = を満たすとき + のとりう
求めよまた そのときの , の値を求めよ。とおき, これを条件式とみて文字
計算しやすいように =- として を消去し, + +- = となり の
次方程式 になる。方程式が実数解をもつ条件を利用すると。のとりうる値の
範囲が求められる。代は $+=$ とおくと $=-$ $①$ じ 実数, , , に
つ 成り立つ ッともに これを$^{}+^{}=$ に代入すると いて。次の不等式が
る式は質問数学:全ての実数aに対して。質問〕--+-= が実数の定数の値に関わらず実数解をもつとき
。定数の値の範囲を求めよ。--+-= が実数の定数の値に
関わらず実数解をもつとき。定数の値の範囲を求めよ。方程式の +-
+= の判別式をとすると。+-+≧ が全ての実数に対して
成り立つための条件が ≦ のときでも の値が 以上」ということです
ので。下のグラフのように横軸に対して常に上側にある状態になっているはず
です。

不可能です。②の式は、放物線 y=x^2+4x+2 のグラフがどんな x に対しても直線y=2x +b の上側にあるような定数 b の条件を求めています。ちなみに b≦1 境界の b=1 であるとき、直線y=2x +b は 放物線 y=x^2+4x+2 にちょうど点-1,-1で接します。ところで y=fx は x軸上の点 -2-√2,0および-2+√2,0で放物線を折り返したようなグラフの形をしています。正しくはご指摘の通り接線の方程式を求めて説明するのですが、概略だけ説明すると、直線 y=2x+b がちょうど点-2+√2,0を通るような b の値より小さいかまたは等しければ、すべての x に対して fx≧2x+b が成り立つことが、グラフからわかると思います。すなわち、求めるbの値の範囲は b≦4-2√2 です。点-2+√2,0を通る b=4-2√2 がこの条件を満たす b の最大値に相当するのですが、この b の値は質問者さんが解いた方法では求められないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です