方程式と不等式の操作—Wolfram言語ドキュメント ⑴

方程式と不等式の操作—Wolfram言語ドキュメント ⑴。この問題を解く上で、隠れている背景をちょっと考えてみましょう。1泊7,485円以下の格安⑴2次の係数が1だあるxの二次方程式でα^2だけを紹介。2次方程式x^2 4x+2=0の2つの解がα βとする
⑴2次の係数が1だあるxの二次方程式でα^2 β^2を2つの解とするものを作れ
⑵同様にα^4 β^4を2つの解とするものを作れ
この問題を教えてくださいお ねがいします⑴2次の係数が1だあるxの二次方程式でα^2の画像をすべて見る。方程式と不等式の操作—Wolfram言語ドキュメント。変数がつしかなく,最大でも次数が四次以下なら,言語は必ずその解を
式として求めることができる.しかし,五次[]= 言語は,純粋な
代数方程式だけでなく,種類は限られているが特殊な関数を含んだ方程式を解く
こともできる.この論理構文を満たすの値は,もとの二次方程式を満たすの
値と全く同じである.ただし,結果として組の解が得られる.が以外の
とき,二次方程式はについてつの解を持つ.がのとき,方程式は一次式に
なる.

この問題を解く上で、隠れている背景をちょっと考えてみましょう!。ある2次方程式の解が、x=α、βのとき、最後の式は、x-αx-β=0ですよね!。その前は、因数分解しますその逆は展開なのですが???。なので、その逆の展開をします!。すると、x2ーα+βx+αβ=0と、計算しなさい!の2次方程式が得られます^^。をただ考えなさい!と、言っていますよ!。それを踏まえて考えていきます!。x2-4x+2=0まず、これを解くと、x=2±√22-2=2±√2これより、α=2+√2β=2-√2とおけます。これを踏まえて、1について、題意に従って、α2=2+√22=4+4√2+2=6+4√2???①β2=2-√22=4-4√2+2=6-4√2???②これより、α2、β2を解とする2次方程式を作ると、{x-6+4√2}?{x-6-4√2}=0展開すると、x2-12x+6+4√26-4√2=0x2-12x+36-32=0x2-12x+4=0???こたえ2について、α?、β?について、①、②より、α?=6+4√22=36+48√2+32=68+48√2β?=6-4√22=68-48√2これより、α?、β?を解とする2次方程式を作ると、{x-68+48√2}?{x-68-48√2}=0x2-136x+4624-4608=0x2-136x+16=0???こたえ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です